プチ整形と整形手術

女性

手術の難易度による費用の違い

整形は、手術の難易度によって費用が大きく異なります。プチ整形は安くて手軽な整形として認知されており、費用は数万円から高くても10万円以内で施術を受けることができます。費用が安いことで利用者の増加につながっているという背景があります。他方で、骨を削ったり、メスを使って整形手術を受ける場合には、高い整形費用がかかります。相場は手術によって異なりますが、数十万円から数百万円と大きな幅があります。例えば、顔の輪郭自体を変えることができる頬骨削りやエラ削りとなると、大々的な整形手術が必要となります。銀座の美容整形外科で手術をするとなると、100万円から200万円近くかかるので、かなり大規模な手術を必要とします。手術の状況によっては入院も必要となるので、かなり大掛かりな手術を銀座の美容整形外科クリニックですることになります。費用の高い美容整形は、事前のカウンセリングを入念に行います。プチ整形はカウンセリング後すぐに施術に取り掛かりますが、整形手術の場合は予約が必要です。

リスクが高いといわれているにも関わらず、顎削りや頬骨削りの美容整形は需要があります。輪郭や頬骨の形状というのは、整形手術をしなければどうすることもできないため、銀座の美容整形外科クリニックで整形手術を受けて、コンプレックスを解消してしまいたいという希望者が多いからです。コンプレックスを解消するためには高額な手術費用を負担することも、痛みに耐えて美容整形をすることもなんてことはないのです。美容整形外科では、難しい美容整形の手術も連日実施しています。頬骨を削ったり、あごを削る手術ではダウンタイムが必要になるため、予めそのことについてもきちんとした説明がなされます。頬骨や顎を整形手術で削った場合には、2週間から1ヶ月近くのダウンタイムがあります。その間、必要であれば入院措置を取ることも銀座のクリニックでは可能なので、患者の容態に合わせて対応しています。ダウンタイムが引くまでは、日常生活を送ることは難しいため、まずは傷が癒えるように安静が第一です。