中国からの利用客

注射器

日本の整形技術に対する評価

銀座をはじめとする都内の美容整形外科では、日本人だけでなく外国人の富裕層の患者もしばしば目立ってきています。特に、最近増えているのが中国からの患者です。中国の都市部から日本に来て、銀座の美容整形外科病院を利用するケースが増えています。中国国内では自国の医療に対する不信感が強く、近隣の日本の医療技術に高い注目が集まっています。特に、美容整形の技術に関しては、中国よりも遥かに進歩しているだけでなく、安全性が高いと評判です。そのため、中国の富裕層は国内ではなく、日本でメンテナンスを受ける人が増えているといいます。美容整形は自由診療なので保険の対象外となります。そのため、中国の富裕層は高い費用を支払うのであれば、安全性の確立された日本の美容整形の施術を受けたいとわざわざ日本までやってきているのです。その結果、銀座をはじめとする都内の美容整形外科は中国人の患者が増えています。外国人の患者の増加に伴い、多言語で対応するための言語スタッフを常駐させています。

美容整形には施術を受けてそれで終わりというわけではなく、定期的なメンテナンスが必要です。そのため、中国の富裕層は信頼性の高い日本の美容整形外科クリニックを積極的に利用し、旅行や観光ついでに銀座のクリニックへ足を運ぶことが増えているのです。以前は、中国の富裕層はタイやアメリカでメンテナンスを受けていました。ところが、日本の美容技術の進歩と、プチ整形という日本独自の整形分野の発達により、新たなメンテナンス先として考えられるようになったのです。タイよりも医療技術が高く、それでいてアメリカよりも渡航距離が短いことから、富裕層は新たな美容整形のメンテナンス先として、日本の都市部で施術を受けることを考えるようになってきたのです。事実、東京の銀座にある美容整形外科クリニックでは、以前に比べて中国人の患者が増えています。外国人の増加に伴い、中国語や英語に対応することができるスタッフを充実させる取り組みがなされています。日本の美容外科クリニックも、顧客の獲得に熱心です。